宇宙に住むということ、、「注目記事950本記念版」

訪問感謝!本記事は、にほんブログ村プロイラストレーター。オリジナルイラストの両部門(8/25付)で注目記事の1位になっております。




先日、将来宇宙に住む構想計画が進められている記事を読んだ、、
人間が宇宙と共存するのだから、考えただけでも何だか怖そうですね、、
わたしが生まれた炭鉱町はその昔、しばらく輸送手段は馬車だった、、
馬車が行きかう道の上下線は、占有道路みたいにまき散らした馬の糞で仕切られていた、、
その後急速に時代が変わって、家庭に洗濯機、冷蔵庫、テレビが普及していった、、
それでも、当時のわたしの家には電話がなかったが不便さは感じなかった、、


2017 7 26 テントウムシ 別案4 コピー2

それを思うと、これから先の時代は末恐ろしい気がしてならない、、
もちろん今みたいに頻繁に地震や災害と共存するのであれば、
当然のように宇宙計画も考えられるのだけど、そこにはまた領土支配もある、、
それは、まるで宇宙映画さながらであろうと心配するが、私は存在しない、、
だけど、空を飛ぶ自動車の実現は見れるかも知れない、、


2017 7 26 テントウムシ 別案 ポスターB

ところで手前味噌ですが、10年目にして注目記事1位を950本達成ですので、、
そのニュースをヒントに記念版として、気を入れて宇宙のイラストを描いてみました、
最後に「共存」という文字を入れたら、映画のポスターみたいなイラストが完成した、、


Google Yoshi “Woodblues2010”
A copyright subsists in the illustration of the publication.
I forbid reproduction and a misappropriation without permission.




.もし、よろしければわたしの応援のタグを
押していただければうれしいです。






にほんブログ村・プロイラストレーター部門











[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by yoshikohpress | 2018-08-24 05:33 | オリジナルイラスト | Comments(0)

Woodbluesのアーティストが綴る、癒しのブログです。

by ねこじゃらし+2