くっ~女子中学生に、してやられた、、

訪問感謝!本記事は、にほんブログ村、プロイラストレーター部門9/7付けの注目記事の1位です。






お隣の国からやってきたご夫婦がいて、
どちらもわたしが教える日本語教室の生徒さんだ、、
そのご夫婦に中学3年生になる娘さんいる、、


夏休みの最後の日曜日で、徹夜明けの午後6時だった、、
やっとのことで布団にも潜り込もうとしたときに、、
その子から電話が掛かってきた、、
「先生!ビルに入れないの!~、すぐ来て、空港の近くにいるの、、」



もし、私が鳥だったら音楽を聴く3


えっ!もしかして帰国帰りに空港でトラブルか、、
理由を訊くけど、、騒音で電話の向こうの声がよく聞きとれない、、
わたしが「わかった!とにかくすぐに行くよ!」と答えると、、
「タクシーで×××というビル!」という、慌ててタクシーに乗り込んだ、、


30分掛かって、そこに到着すると、、
タクシーの運転手が「このゲームセンターがそうです」と教えた、、
ええ~!何でゲームセンターなの、、」わたしは呆気にとられた、、
そしてそこには、ご両親はおらず、娘さんとインターナショナルスクールに通う、
友達らしき二人の女の子とひとりの男の子が一緒だった、、
いずれも未成年、、「えっ!何で~、、お母さんとお父さんは?、、」

2015 10 2 イラストの描き方 また、ガンバル,,
「ううん、、ここにせっかく遊びに来たけど保護者同伴じゃないと入れないの、、
だから、お願いします!じゃないと遠くからきた友達もいるし、、」
「あ、うう、、もうわかったよ!」そして、、
とてつもなく大きなゲームセンターで4時間も待たされる破目になった、、


わたしは2時間ほどリラクゼーション室で時間を潰したが、
電子音の騒音と冷房の効きすぎで、頭が痛くなり居眠りどころではない、
しだいに喉は乾き、とうぜんのようにお腹も空いてきた、、
今日は日曜日だし、わたしは寝るつもりだったので、、
財布には、帰りのタクシー代と電車賃しかない、、ここは我慢だ、、


だけどやはり耐えられずに、先に帰えろうと受付に行くと、
保護者が居なければ、全員退館していただきますとのこと、、
それじゃ可哀想、、わたしはあちこち場所を変えながら、、
音楽を聴き、本を読むことで何とか時間を潰した、、


2016 1月2日  正月はヒマ6
時間になってやっと解放された時は外は雨だった、、
四人はバスで、わたしは別方向だし、濡れながらタクシーをひろった、、
駅までもどり、そこから地下鉄に乗り換え家路に向かった、、
電車に乗ると解放された心地よさで、徹夜明けの疲れが一気に身体にのしかかってきた、、
入館料を払わされ、タクシー代を合わせると、、
出費が9,000円も払った、、くーっ、、痛い、、これは5日分の食費に相当する、、


悪い言い方をすれば、この子に利用されたのである、、
日本人の子供とは、やはり考え方が異なる、、補導されれば身に沁みるだろうと思った、、
でも、これはわたしの人の良さと、先走って慌てたことが原因でもあるし、、
親には報告しないで、内緒にしておこうと思う、、
そして、わたしはボランティアだし、優しい日本人であればいいかな、なんて、、


A copyright subsists in the illustration of the publication.
I forbid reproduction and a misappropriation without permission.






もし、よろしければ応援のクリックをオネガイいたします。


にほんブログ村/プロイラストレ-ター部門





[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by yoshikohpress | 2016-09-05 22:12 | 日本語ボランティア | Comments(0)

Woodbluesのアーティストが綴る、癒しのブログです。

by ねこじゃらし+2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30